相続問題

遺産、遺言に関する争いは、親族間で、生前贈与等、相当過去の出来事にまで遡って争われることが多いです。

民法で定められた相続分だけではなく、相続人それぞれの心情や経済状態、どの遺産をどの程度必要としているか、遺産の性質に応じた処分方法、遺産分割が完了するまでの経過措置等、多数の問題を一つ一つ解決していく必要があります。

また、実際に相続が始まる前の段階における遺言や財産管理の問題についても弁護士にご相談いただくことが、相続開始後の紛争の回避につながるケースは多いです。

遺留分に関する争い