債務整理・再生・破産

企業・個人が、約束した支払いをすることができなくなったとき、事業の継続を諦めたり、財産を手放す覚悟をして破産をするか、債務整理や再生といった緩やかな方法によって事業を継続したり、自宅等どうしても必要な財産を保持する道を選ぶかは、非常に難しい判断です。

倒産・破産という言葉のイメージに対し強い抵抗感を持っておられる方も多いですが、現状を踏まえて上手に方針を決めることが、自分だけでなく相手のためにもなるケースもありますので、是非お気軽にご相談下さい。