交通事故

どんな人にも突然降りかかってくる可能性のある交通事故。

治療費、修理費、休業損害、慰謝料・・・様々な損害の算定・賠償が問題となります。

治療が長引くケース、残念ながらケガが完全に治らず後遺障害が残るケース・・・このような場合には医療記録等をよく検討し、納得のいく賠償を得るためには専門家の力が必要です。

また、ほとんどのケースで事故の過失割合も争いとなります。

そして、交渉の窓口は大抵、損害保険会社となりますが、損害保険会社が提示する損害賠償額は、弁護士に交渉や裁判を依頼した場合に比べ、著しく低いものとなっています。

弁護士費用の負担を考慮に入れても、弁護士にご相談・ご依頼いただくことに明らかなメリットがあるケースが多いですので、お気軽にご相談ください。