遺産の預金に関する最高裁決定

遺産に関する紛争は、最終的には家庭裁判所が、決めてくれる。一般的には皆さんそのように思われているのではないかと思いますが、最高裁は従前、預金は、被相続人の死亡により相続人らに当然に分割され、遺産分割の対象とはならないとの判断を示していました。

したがって、相続人全員が預金を遺産分割の対象とする旨の合意をしない限り、家庭裁判所に遺産分割についての判断(審判)を求めても、家庭裁判所は預金について誰が相続するべきか、判断することができなかったのです。

最高裁大法廷は2016年12月19日、このような従前の判例を変更し、預金は、相続開始と同時に当然に分割されることはなく、遺産分割の対象となるとの判断を示しました。

上記のような一般的な感覚や、預金という、不動産等よりも柔軟に分けることが可能な遺産を遺産分割の対象としたほうが、相続人間の公平を図りやすいという観点からは、望ましい判断が示されたといえます。

ただ、遺産分割が長期化する場合、従前の最高裁判例にのっとって、一部の相続人が自分の法定相続分に応じた預金の払戻しを金融機関に単独で請求するという手法が有効であったケースもあり、今後はこういう手法は使えないということになります。この他にも多くの点で、この決定は遺産分割の実務に大きな影響を及ぼしそうです。