ジャパンライフの破産手続開始

消費者庁から何度も行政処分を受け,2017年末に銀行取引停止処分を受けていたジャパンライフ㈱について,2018年3月1日,東京地裁で破産手続開始決定が下されました。

同社は,磁気治療器等の販売を,マルチまがい商法,レンタルオーナー商法で多数の方に高額で販売し,平成29年3月末時点での負債総額は約2400億円にのぼります。

三崎法律事務所は,このようなジャパンライフの被害に遭われた方のため,有志の弁護士によって広島で設立された「ジャパンライフ被害対策広島弁護団」の窓口となっています。「いつでも返金してもらえるとの説明を受けて,ジャパンライフと契約し,多額の契約金を支払ったが,返金してもらえない。」といったお悩みをお持ちの方は,当事務所までご連絡ください。